FC2ブログ
2018_11
11
(Sun)22:53

編み編み~

母が亡くなってやることが無くなったというか、なんとなくぽか~んと穴があいたような気持ちがずっとしていて、こんなものを作ってました。
きっかけはEテレの「すてきにハンドメイド」で見た「まっすぐ編むだけの腹巻き帽子」だったのですが、その梅村マルティナさんのドイツの糸を探しに手芸屋さんに行ったのがきっかけでした。
まあ、その糸は新宿のオカダヤさんにあったのですが、なにせ糸が細いのでなかなか編み進まず…
東北の震災の際に、気仙沼の避難所のご婦人がたへのボアランティア(催物)の一つとして編み物を楽しんでもらったらということで、広まったものらしいのです。

で、それはそれとして、別物で、
近所の手芸屋さんの店頭で見つけた「毛糸玉一つで編めるショール」というのが出ていまして…
1000円から1300円(会員だと20%オフ)くらいであったので買ってみました。

何が良いって、混ざり毛糸なので、途中で糸を変える必要も無く、様々な色合いが出てくるのが楽しいというか、自分でもどんな色合いになるのかが想像つかないので、結果が早く見たくてドンドン編み進めました。

いやはや、ほぼ表目裏目だけなので簡単なんですよ。(かけ目もあるけど掛けるだけだから
実物はもう少し深い青でシックな大人な感じです。(編み図は表目だけなんだけど、それだと寂しいので途中裏目も入れてみました)

20181110_174249_convert_20181111221323.jpg
20181110_174339_convert_20181111221416.jpg

次の作品はちょっと毛糸も上とは違ってまして、編み方も途中2目一度などあって、上のよりは少しオシャレな感じです。
色合いも実物はもう少し茶色っぽい落ち着いた色です。
義母に送ったところ大変喜んでくれました。
20181101_115601_convert_20181111221053.jpg
20181101_115652_convert_20181111221205.jpg

混ざり毛糸は今回初めて使ったけど、これの怖いところは毛糸玉の時はどんな配色になるか分かりづらい所だわね。(毛糸玉としては良い感じの色合いだわ~と思っていても、中の方の色が結構違ってたり、その分量が多かったりで…)
あと、内側から糸を取るのか外から取るのかで、配色がかなり違ってきます。(まあ、そこが面白いところでもあるのだけれど…)
一番最初に編んだのは黄緑の配色が結構多くて、ちょっとバッタのようになってしまいました(汗)
実はこれが一番最初に作った物。(編み図通り表目だけで編んだらまさにバッタかカマキリか?って感じになりました 汗)
20181023_184101_convert_20181111221514.jpg
ショールってあまり自分はしないけれど、やっぱり肩にかけてると意外と温かいのでした。
しばらくはハマりそうです。「腹巻き帽子」の方もボチボチと…出来たらアップしますね~!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック