FC2ブログ
2018_04
02
(Mon)09:44

「僕の見たビートルズはテレビの中」

7.2時間という長丁場、途中お風呂に入っていて、新曲を見逃すという大失敗をしてしまいましたが…

最後の最後で斎藤和義さん「僕の見たビートルズはテレビの中」に全て持って行かれたというか…
この曲がこんなにも思い出深い曲になろうとは、あの「ぷっすま」の時はそう思いもせず…

昨夜は改めて、大杉漣さんの深い深い愛を知った夜でした。
斎藤さんに「今度連れて行っても良いかな?とてもいい子なんだ」という漣さんの声がはっきりと私の耳にも聞こえてくるような気がします。
漣さんの声も温かくて優しい良い声でしたよね。

愛し、大事に思ってくれていたんだね、剛くんのこと。
ありがとう。

あの九十九里の漣さんの別荘でのおもてなし。
漣さんの心からのご接待だったんだね。
ありがとう。

斎藤和義さんのライブに連れて行ってくれてありがとう。
最後アンコールの「ギター」を聞いて、涙が出たとラジオで言った剛くんの言葉が忘れられない。
6月、大変な時。


あの「ぷっすま」での日。
玉ねぎ収穫したり、サッカーしたり、美味しいとんかつ食べに連れて行ってくれたり、
縁側で一緒にギターを弾いて歌ったひととき、
こんな日が来るとは誰も思ってなかっただろう…

大切にしなきゃね…
人との出会い。思いやり。

きっときっと空の上から見てくれてたよね、昨日のセッション。

これからも、剛君のこと、吾郎ちゃん、慎吾君のこと見守っててね…
本当にありがとう。

深夜にもかかわらず、出演してくれた斎藤和義さんもありがとうです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック