FC2ブログ
2018_02
22
(Thu)16:14

寒い朝

大杉漣さんの訃報。
残念です。悲しいです。

大杉さんは「僕の生きる道」でみどり先生の父親であり、優秀な学園の理事長だった。
そこに勤める頼りない教師がツヨシくん。

妻亡きあと、みどり先生の父親として、娘の良き理解者として、娘の恋愛も温かく見守っていた。
朝帰りをした娘に、「あっそ」となんでもないようなそぶりで朝食を取る姿が忘れられない。

娘の結婚相手が余命いくばくもないと知り、どうしても賛成できない。
教頭先生に「私はね、聖職者としての教育者だなんて言ってるけれど、娘のことを思うとどうしても賛成出来ないダメなやつなんだ」と夕暮れの教室で告白するシーンはとても印象に残っています。

怖いヤクザな役も似会うけれど、娘を持つ父親役が等身大の漣さんのようで、わたしは好きです。
優しくて、でも、年頃の娘にどう接すれば良いのか、迷ってて、でも娘の幸せを誰よりも願っている父親。

去年のぷっすまでは九十九里の別荘に剛くん達を招待してくれて、サッカーしたり、畑に連れて行ってくれたり、とんかつ屋さんに連れて行ってくれたり、ギターのセッションしたりして…

斎藤和義さんのライブにも連れて行ってくれて…
ギターを剛君が始めるきっかけも漣さんだったんだよね…

本当に、いろいろお世話になったよね。
ありがとうございました。

こちら、関東は小雪がちらちら舞う寒い一日でした。
本当にもっともっと共演して欲しかったし、いつまでも剛君の良き先輩として生きていてほしかった。
ご冥福をお祈りいたします。
   
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック