FC2ブログ
2017_07
25
(Tue)11:09

30年ぶりの浴衣&月テレ編集長の言葉

Effectplus_20170724_112636_convert_20170725101053.jpg
母のホームの納涼祭にチーバくんが来てくれました!

毎年、ヘルパーさんはお世話する人以外は全員浴衣を着て縁日をしてくれます。
たこやき、フランクフルト、ヨーヨー釣り、輪投げなど、夏祭りの雰囲気を少しでも入居者に味わってもらおうと忙しい中、あれこれ工夫して開催してくれます。

今年は姉が来てくれたので、母の世話は姉に任せて私は浴衣を着ました。(姉が母が娘の浴衣姿を見て喜ぶだろうから…と言ったので勇気を出して)
30年ぶりに浴衣に袖を通しました。(独身時代に母が買ってくれたものです)
浴衣は良いね!体型変わっても着れるから… 相撲取りの外出着みたいになっても…

実の母以上に、顔見知りのおばあちゃん数人が沢山誉めてくれて嬉しかったです!

最後は盆踊り。
見よう見まねで、「東京音頭」を踊りました。
母も「頑張って~○○ちゃん!」と掛け声を掛けてくれ、楽しんでました。


月テレの「編集長の言葉」も読みました。
本屋でぱっと見た時に、縦書きできちんとした手紙のような形式をとっていたことに不意を突かれ涙が出ました。
私達の想いをしっかりと受けとめ、それをツヨシ君に伝え、ツヨシ君の想いもファンに伝えて下さって
まさに「かけ橋」になって下さったこと、それをきちんと残る形で公な文章にして下さったこと、本当に有り難いことだと思いました。
やっぱり、こういう時に文章書いている人は強いですね! さすが編集長! 
とても力強く感じました。
山はちょっとずつですが、確実に動いています!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック