おばあちゃんとの思い出

昨日のスマステの「ドラえもん」映画特集。
「おばあちゃんとの思い出」

時代設定が丁度1960年代後半から70年代のせいか、なんだか家の作りとか洋服とか、おばあちゃんの設定が非常にしっくりきて、もうそれだけで懐かしい。
私は両親が共働きだったので、ずっとお婆ちゃんと一緒でして…
私自身は両親が歳をとってできた子供だったので、おばあちゃんは「明治生まれ」の人でした。「明治の女」に育てられたんだよ、私。

おばあちゃんは普段着物を着ることも結構昔はあったし、髪をまとめて後ろでマゲを作ってて、お月さまのように丸顔で、小柄な小さなおばあちゃんでした。(ホントに、のび太のおばあちゃんみたいに)
優しくて、物静かで、でも旦那を早くに亡くして子だくさんで苦労が多かった分、芯の強さも持っていた人でした。

私は、やっぱり、甘えてばかりいたかな…
それでも、全面的に受け入れてくれるのがおばあちゃんだよね…
良いところも、ダメなところも無条件に全部ひっくるめて受け入れてくれる人。

大きいのび太も小さいのびちゃんも、おばあちゃんの膝に取り付いて泣くシーンがあるんだけれど、そういえば小さい頃そうやってお婆ちゃんの膝に取り付いて泣いたり、その膝の上に座ったりして遊んだことを思い出して泣けた。

スマステで織田信成君が、号泣してて、慎吾は泣きそびれた感じだよね。(大下さんも泣いてるし)
織田くん、ちょっと引いたわ…

でも、この前Mステで平井堅さんがドラえもんの映画の主題歌歌ってた時に、後ろで浅田舞さんと2人でダンスしてたんだ。
その時のダンスが素足で、バレエダンサーのようで凄いなと思ったけど、何より表情が素晴らしかったんだよね。
内面から出てくる表現力というものが、やっぱり第一線で活躍してきた人は違うなと思った。
平井堅さんの歌声が好きだから、録画して見たんだけど、ダンスにばかり気が入って
いやはや、歌も凄い良い歌だった。「僕の心をつくってよ」劇場で流れた途端に泣くよ。間違いなく。

慎吾は、最後の「ペコと5人の勇者たち」にグッと来てたのかな?
「5人」って云う言葉だけで、もう最近はダメだよね、私達ファンも…

今日は「世界に一つだけの花」発売記念日。



スポンサーサイト
Secret

プロフィール

ひょろりん

Author:ひょろりん
FC2ブログへようこそ!
2003年「僕の生きる道」からクサナギツヨシさんのファンになりました。
主にクサナギさんのことについて語っていますが、時々家族の話も入ります。
周囲に流されることなく、出来るだけ正直な自分の気持ちを書いていきたいと思っています。故に毒舌になることもあるかと思いますが、お許しを…(汗)
お気軽に、コメント下さると嬉しいです。
どうぞよろしくお付き合いのほどを…
関東在住。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード