| Login |
2018年02月22日 (木) | 編集 |
大杉漣さんの訃報。
残念です。悲しいです。

大杉さんは「僕の生きる道」でみどり先生の父親であり、優秀な学園の理事長だった。
そこに勤める頼りない教師がツヨシくん。

妻亡きあと、みどり先生の父親として、娘の良き理解者として、娘の恋愛も温かく見守っていた。
朝帰りをした娘に、「あっそ」となんでもないようなそぶりで朝食を取る姿が忘れられない。

娘の結婚相手が余命いくばくもないと知り、どうしても賛成できない。
教頭先生に「私はね、聖職者としての教育者だなんて言ってるけれど、娘のことを思うとどうしても賛成出来ないダメなやつなんだ」と夕暮れの教室で告白するシーンはとても印象に残っています。

怖いヤクザな役も似会うけれど、娘を持つ父親役が等身大の漣さんのようで、わたしは好きです。
優しくて、でも、年頃の娘にどう接すれば良いのか、迷ってて、でも娘の幸せを誰よりも願っている父親。

去年のぷっすまでは九十九里の別荘に剛くん達を招待してくれて、サッカーしたり、畑に連れて行ってくれたり、とんかつ屋さんに連れて行ってくれたり、ギターのセッションしたりして…

斎藤和義さんのライブにも連れて行ってくれて…
ギターを剛君が始めるきっかけも漣さんだったんだよね…

本当に、いろいろお世話になったよね。
ありがとうございました。

こちら、関東は小雪がちらちら舞う寒い一日でした。
本当にもっともっと共演して欲しかったし、いつまでも剛君の良き先輩として生きていてほしかった。
ご冥福をお祈りいたします。
   

スポンサーサイト

2018年02月20日 (火) | 編集 |
とっても面白かったです。(ドッキリには賛否はあるものの、今回は乗っかろう。)
いや、でも勘の良い慎吾君だから早い段階で分かったよね、たぶん。

白玉団子のところで確信したんでしょうね。(あそこの足バタバタが一番可愛かった。)
それでも、続いて行くロケ…
全てに対して、疑心暗鬼になってしまう慎吾が面白かった。

でも、一番特筆すべきはスタジオに居る慎吾くんが、なんだか男前なところ。
あのさりげない青のチェックのパーカーも普段着ぽくって似合っていて好き。(隣に住んでいる素敵なお兄さんっぽくて…)
時々、髪を左手の人差し指と中指で前髪を直す仕草が好き(細かくてすみません

でも、つよぽんファンだから、ここつよぽんだったら、どんな反応するのかな~?とついつい置き換えて見ちゃうよね…
まあ、これだけ畳みかけられるとさすがのつよぽんも気づくよね…

偽おじゃまップが出てきて、「俺頑張ってたな~!」って寂しくなっちゃうのには、共感したよ。

アンナさんの水かけにはビックリしたけど、やる方もドキドキだよね。
でも、凄く上手く掛ってて…よくぞあそこまでやり切った!
キレる慎吾も美味しく頂きました。

落とし穴は仕掛けが見え見えで、慎吾も気づいてたかもね…
それで、つよぽんの全力坂後のゴールで水の中にドボーンを思い出して、ちょっと悲しかった。
落とし穴は怪我や事故につながりかねないので、要らないかな…

でも総じて面白く見させていただきました。
慎吾君、お疲れ様でした。

2018年02月17日 (土) | 編集 |
ハズレた…涙

2018年02月07日 (水) | 編集 |
春に剛君の舞台が決定しました!
「バリーターク」ある村の名前らしいです。
原作は外国モノらしい。

剛君がパワスプで話してたけど、「なんか意味が分からない舞台をやってみたい」って
これのことだったのかな?

新境地が開けそうですね!
とてもとても楽しみです!(*^_^*)

2018年02月02日 (金) | 編集 |
「クソ野郎と美しき世界」の「光へ、航る」のつよぽんの共演者が尾野真千子さんと発表がありました。

尾野真千子さん、「そして父となる」では物静かなしっとりした奥さん、はたまた取り立て屋だったかのドラマではぶっ飛んだヤンキー系の女。
どっちに転がっても楽しみな女優さん。
いつかは共演してほしいな~と思ってたので、テンション上がりました!

楽しみだニャ~!

追記
初共演と思ったら、「山のあなた」でとりあえず出演されてたようで…
大学生役となってました。
まったく、記憶にありません。(剛君との絡みは無かったよね??)

ついでに、太田監督の言葉だと思う。
「尾野さんと草なぎ剛さんという観る者の魂をえぐり散らす演技派の二人にしか生み出せない場面が必ず誕生するはずです。この二人の演技が本気でぶつかりあった先にある神聖な気持ちを期待してやみません。」
この言葉、とても嬉しいです。
映画の期待度がググッと上がりました!